乾燥肌と予防法について

皆さんは乾燥肌というのをご存じですか?
乾燥肌は一般に冬に多いと言われます。それは外気温が下がり、湿度も下がり、空気が乾燥することが原因と言われています。その結果、肌がかさかさしてかゆみを伴ったりして不快な気分になってしまうのです。
空気が乾燥すると、皮膚の表面にある角質層が、本来なら水分を含んでいるはずなのですが、蒸発してしまうため、肌が乾燥してしまうのです。実は夏場に冷房で肌が乾燥することもあります。
これを防ぐために、たとえばお風呂上がりに全身の水分をよく拭き取ることが大切です。もし水分が残っていると、それが蒸発するときに、皮膚の角質層にある水分まで一緒に蒸発してしまうからです。あとは保湿クリームなどでケアすることが大切でしょう。
顔の場合は、化粧水、乳液、美容液等を用いて保湿効果を高めましょう。洗顔の際、クリームをまず手に取って泡立ててから使うことが大切です。手にとってそのままゴシゴシこすると、皮膚の角質層まで削ってしまうためよくありません。
こうして乾燥肌から身を守るようにしましょう。

横浜元町にあるエナジーテラピーはこちら

コメントを残す